うつの初期とその後


みなさん、こんにちは。



今週末はとても寒かったですね。雨も降ったし、気分的に上がらなかった方も多かったのではないでしょうか。



スタッフは研修があったので、頭をフル回転させた週末でした。



頭を使うことは、結構カロリーを消費するものなんですよ。運動はもちろんですが、勉強に集中することで、運動と同じように心身はかなり疲労されます。



だから仕事をしても、学習しても、運動しても人間はいろんな意味で「疲れ」ます。



ただ、その「疲れ」の程度がいつもと違う、何かおかしいな…と思われるようでしたら、それはうつのサインかもしれません。



また、「疲れ」の表れ方としては、1番わかりやすいものとして「食欲」「睡眠欲」など、人間の本質的欲求の度合いが弱くなることが挙げられます。



それはつまり、「頑張って生きていくことができなくなってきている」状態だと言えるでしょう。または、「活動」や「生」への拒絶反応なのかも知れません。



うつは、初期が肝心です。早目に気付く・治療することにより、早期快復はもちろん、再発も防止できます。



そのような初期対応は必須ですが、その中で派生して思い出されること・考えるべきこと・話し合っていくべきことをお互いが感じた場合、継続して治療を受ける(深い心理療法を行っていく)ことも必要であると私たちは思っております。



それは、あなたの人生における転機かも知れませんね。



その転機に、私たちが関わることが出来れば幸いに思います。



カウンセリングルーム  cube





コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る